大家で楽しく自由な生活をしています・小心者のポンコツ日記

お金がない時はキャシュフローを重視しよう・・築浅高利回りボロ物件の再生と綺麗に維持したら目標CFに到達した。           ・・・・・ ポンコツの俺でもできた。大家業は継続することだ。日々感じた事を日記にしています  

カテゴリ: ブログ

大家を始めてようと、最初の投資から8~10年経った。

 当初は、今よりも、利回りがいいメリットがあった。

 今投資するのは、残念だといえる。 

 しかし、質の悪い物件も多々あった。業者もいた。

 競売など本の通り行動して、何度か危ない経験もしてきた。

building_apart

 そんな時、ブログが始まった。生の声である。

 そのブログ内容が、良いも、悪いも、関係ない。

 ただで、そのことを、自分自身の判断で行動できる材料となった



 健美屋さんなどのサイトが始まった。

 おかげで、何度も助けられた、そして何度も騙された。
 
 そして、今がある。当時より、経験がついた。自分の投資スタイルができた。

 感謝しかない。


 今も、投資する貴方を助けるというセミナーと称して、自分の儲けのためのセミナーも

 当時より多々ある。


 それを含めて、経験できる。

 これらが、なかったら,良い物件にも出会えなかった。

 
 実際、利回り20%のマンションは、ブログのサイトのコミュニティで

 見つけた。

 健美屋さんのサイトでも、見つける事ができた


 築10年利回り20%買えた。健美屋さんと会ったこともないが、感謝である。

 よくスタッフが、いい時代に買えたから・・・というが、良いも悪いもある

 屑業者ともめたことも何度もある。

 今、ブログを見れば、ネットのみで、どう修理すればいいとか、どうすれば

 融資が通るかわかる時代だ。本当にありがたい



 追伸・・・

 セミナーに行くと、自分に自信がないので、来ている。

 わからないから聞く。それはいいが、教える人を信用して、失敗した人を

 見てきた。

 専業大家になれて思うのは、聞くことでだけではない、行動する事であった。

 その行動は、お金がない方がいい、属性がない方がいい。

 そんな状況で、協力する仲間が本物であった。


 お金があるということのみで、近づく人間は屑であった。


 お金があっても、ないといって、使わずに、不動産投資をする方が、いいと思う
 
 それでも、近くにいて協力する仲間、それが、人生楽しいとわかってきた。

 みんな大家に人生をかけているはずだ。大金を払っている

 困るときもあるはずだ。 

 儲かる話も、困った時に逃げる奴とつるんではいけないと思う。

 逃げる奴は、常に逃げれる状況にいる。仲間は逃げれない状況でもいてくれた。

 
 ポイントの一つとして経験した。


 「これ、一棟で新築、中古を問わず、儲かります。楽できます。何もしなくて年収1000万」

 いいですよ、買って、困ったらいつでも、相談してください。

  こんなのは決してない・・・



     にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←ブログランキングしています
                 これをポチッとクリックしてね
   
にほんブログ村             
                    
応援お願いします

 
     よかったらこれもポチッとクリックしてね     
  
不動産投資 ブログランキングへ



 





 




 



今日は、注目記事の、岡元さんのブログを読んだ。

 以前、ブログを拝見したとき、私は不動産投資をする際、

 とても参考になった記憶がある

 都内に展開している雲の上の投資を実践されている方だ

 私も、同じ規模で行っているが、予算の関係上、地方で

 投資している。

 親が、以前「都内に不動産をもっていたので、私が上手に引き継げば同じように

 していたと思うと、読んでいてとても楽しい。素晴らしい方だ。

 今回は、芸能人の方も、かなり大家さんをしていると聞いていたが

 コウメ大夫さんは、シングルファアザーで頑張ってきた人なので、

 とても共感がもてた。

 私も、同じだからである。

 年前、妻を病気で亡くし、途方にくれた。

  サラリーマンをやめて、家族、親戚、友人、

  不動産屋さん、業者の支えを受けて生活をしてこれた

  それは、大家という職業につけたからだ

  ゼロからスタートできた。

  本当に、感謝したい。言葉では伝えきれない

  ありがとう

  戦後、主人を特攻などで戦死した後、残された奥さんとお子さんは

  アパート経営で生計を立てた方も少なくない

  私の、祖父は、浅草で、質屋を営んでいた。

  戦争の最中あたりに、世田谷の土地を買った。

  当時不治の病の言われた結核になり、仕事を退職するしかなかった祖父は
  
  焼け野原の中、世田谷でアパート経営を始めた そして、生活できた

  質屋は、物のなかった時代なので、全て、周りの人に分け与えて廃業した

  いつか、返してくれればいいと、渡した。戦後、一人だけ返しにきた

  浅草は空爆が落ちたからだ

  それを、救ったのが大家という職業だ。今は、世田谷、ステータスいいじゃん

  かっこいい、世の中は変わった

  当時、空爆が落ちた中で、残った先祖の土地、田舎の生きる場所だった


 私の親父は、世田谷で大家を継ぐはずであった。

 いざ、相続になるともめた。成らないようにしていたはずでも、もめる。

 そして、アパートを放棄した。
 
  私の教訓、子どものために残そうと、良かれと都内でアパート経営していると、

 相続でもめる可能性が多分にある
。仲の良い兄弟が悪くなる、なければ

 もめる可能性はゼロである。

 不動産投資は、自分の心の中にある、他人に対する優しい気持ちと、

 自分の欲望を満たしたい気持ちの両方が、別々に顔を出す事があるようである。

 
大家を自主管理すると、そのような時間がなくなる

 邪念がなくなるとも、お金持ちになれないともいえるかもしれない


   にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←ブログランキングしています。これをポチッとクイックしてね
   にほんブログ村             
                    応援お願いします

 
     よかったらこれもポチッとクイックしてね     
  不動産投資 ブログランキングへ



 

  

  

 

このページのトップヘ