大家で楽しく自由な生活をしています・小心者のポンコツ日記

お金がない時はキャシュフローを重視しよう・・築浅高利回りボロ物件の再生と綺麗に維持したら目標CFに到達・・。           ・・・・・ ポンコツの俺でもできたよ。大家業とは継続することだった。日々感じた事を日記にしています  

カテゴリ: 自主管理

楽しく大家の仕事ができることはとても心地いい


でも、初めは楽しくなかった、その後いろいろあって今は楽しい




1棟目、2棟目、3棟目購入まで楽しくなかった。


その時、現地、苫小牧に、契約以外行っていなかった。


長崎は、契約も郵送で済ましている。



だから、その後、空室、修理が発生すると、


こんなはずじゃなかった、


不動産屋に騙されたと思った。




退去、修理の連絡が怖くて、電話にでたくなくなった。


そんな時、管理する方に、「どうかしてください」と無理に頼んだりした。


そして、いつも不安なので、東京のセミナーに行くと、


「それは騙されましたね、新築にしなさい」とアドバイスを受けた




全く、現場にいかなかったわけではない。


何度かいった・・・しかし現場にいっても、手土産をもって管理会社にいっても、


何をしたらいいかわからず、1時間もいたらすぐ帰ってしまった。



全くこんな大家業はつまらなかった。








でも、その時、仕事もやめてたから、俺は、もう引き返せなかった。


それが良かった。


何もできなくていい、もう俺はポンコツなことを自覚していた。



だから、現場で職人さんの仕事を毎日見て、


毎日、不動産屋に客付けを依頼する。


部屋はイヤってほど空いているので、現場に泊まってできることをする


でもね、現場に住んでみると、やることは、いっぱいあった。


自治会長の家にいく。草むしりをする、花を植える。仕事をする方に差し入れをする。


朝住んでいる人が出かける前に掃除を必ずする


内覧する方に作業着で挨拶しよう


部屋に芳香剤を置き、


窓をあけ部屋の空気の循環をよくする、


水を流さないと部屋は臭くなる


・・・・、いつも内覧のとき、誰がしてきたの?


誰もしていない・・・入ってほしかったら大家でしょうと思った。



・・・・これだけは言える、現場にずっといれば楽しくなる




  物件を大切にしないと、苦楽を共にしないといけないのに、


  そんな大家は少ないのだ・・・



  大家をする中で、少し仲間ができたが、


  そんなことをやはりやらない。


  楽をしたいようだ、それも有りだろう・・・


  空室がでたり、クレームが来ても、現場に率先していき、対応しない


  本当に困らないとやらなかったり、それでもやらない人もいる。


  ・・・一番困るのは、お客さんや不動産屋なのに・・・


  今日も、大したことができないが、現場にいく。


  店舗の床貼りの続きである、また、今日は自販機を設置する日だ。



  現場にいると、将来が見えてくる、予想できるのだ。




      ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

          ←これをポチッとクリックしてね     

     にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね





キーボックス、安いのを見つけた。

   
    1598円・・・俺の中ではめちゃ安い。


    自慢したくて・・・ それだけのブログでもある。
  
25


   安いのを見つけると、とてもうれしい。


   ほしい人には、ほしいと思うボックス、ダイコクにあった。


  自主管理の大家で棟数の多い方なら、必要なアイテムである。





    ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

          ←これをポチッとクリックしてね     

     にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね

自主管理で、所有物件が多くなると、同時に二つの事を考えなくては

 いけないことが多々ある。


 そんな時に、機能するためには、最終判断をするだけでどうにか

 なるシステムを作ることにしている。

 ポンコツでも対処できる。


 今日は、茨城の空室リホームをしに現場に行きながら、明日購入した

 店舗物件の最終決済の段取りをした。


 まずは、店舗の最終決済で、今回は登記を自分で行う事にした。

 知識の習得と、安く仕上げるためだ。

 この場合、評価証明、謄本を元に、資料の作成と法務局での

 確認作業をしないといけない。



 そして、リホームは、最終打ち合わせをした。

 やはり現場にいかないとわからないことも多い。

 それに意思の疎通ができない。


 頼りにしているクロス屋さんは現場にいくとすでに剥がしていた。

 ありがたい。

59

25

 それだけではない。ドアが下がっていたのを直してくれていた。
 07

 現場にいくとわかること・・・

 例えば天井を見る、タバコは吸っていなかったようだ

 大事なポイント。

 そして外人の場合、やたら穴をあける人が多い・・

 気を付けて見てみる・・ほぼ大丈夫である
48

 最後に、電気屋さんにモニターホンを頼んだ。

 これも、やって頂ける方を入居者さんから紹介していただいた。

 通常、管理会社からだと紹介されない。

 そして個人で頼みにいくと断られることが多い。

 これも重要なポイントである。


 それをつないでくれたのは入居者さんとその友人の人柄のお蔭である

 それがなければ、外人の退去の後のかたずけはできなかった。


  ちなみに、この地域は今、完熟トマトラーメンがおいしい

  食べることを楽しみにして仕事をすることも楽しい
 48


      にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←ブログランキングしています
                 これをポチッとクリックしてね
   
にほんブログ村             
                    応援お願いします

 
     ←これもポチッとクリックしてね     
  
不動産投資 ブログランキングへ




アパートの管理を管理会社から自主管理にかえると

 鍵を引き取ることになった

 鍵は、山のように無造作に束ねてある

 まず、それを整理しないといけない。

 鍵を入れるボックスを購入し、それに、鍵を入れた

 鍵に部屋番号をつけて整理した

 ボックスは、楽天で購入した。

   たくさん鍵が入るボックスが便利でいい。
   
   共用部分の倉庫、タンク他の必要な時に、すぐ取り出せる
  
   何段もあれば、階数ごとに管理できる


   
140129_160842

 管理会社ごとに、鍵の保管の対応も違うと思うが

 基本的に、お客様がカギを無くした時、部屋にどうしても入らないと

 いけない時以外、そのような特別の時以外、使わないので

 きちんと管理する必要性が生じないようだ

 山のように無造作に束ねられていた。大手会社でも、ボックスで管理して

 あっても、時間がないので、鍵の保管はいい加減のようである

 鍵のないのがあった。また、同じ部屋の鍵が2種類あった

 今までの大家の経験では、スペアキーを使ったのは、入居者様がカギを無くした時と、入居

 者様がいなくなった時の2回だけである

 これからは、自主管理なので、しっかり保管しよう

  
         
  不動産投資 ブログランキングへ


    にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ    ←クイックしてね
   にほんブログ村             応援お願いします



このページのトップヘ