大家で楽しく自由な生活をしています・俺のポンコツ日記

お金がない時はキャシュフローを重視しよう・・築浅高利回りボロ物件の再生と綺麗に維持したら目標CFに到達・・。           ・・・・・ ポンコツの俺でもできたよ。大家業とは継続することだった。日々感じた事を適当に日記にしています  

カテゴリ: 一人経営

6月決算の法人

5月の月次決算で

利益が出ると予想された。


そこで、

6月中に

足場を組んで

修理工事を

することにした。

46


依頼して、

了解を得たが

なんだかんだ、

言われて

7月になった。

塗装も頼んでいたので

梅雨をさけたかったのだろう


そして、

「請求書は

 6月にしますから

 大丈夫です」って

言われた。



うーん

どうしよう・・・


そして、

そんな嘘は

嫌なのでやめた。



税金を払うことにした。


そう

正しく生きる

それが大事である。





     ブログランキングに参加しています。応援お願いします

    
     ←これをポチッとクリックしてね     

   


       PVアクセスランキング にほんブログ村    
 ←これもポチッとクリックしてね

この仕事を

会社として

経営して行く中で

大家業は

自己資金が

多い人ほど

有利に動くものなのだと

感じた。


いい土地を

所有している人も

自己資金を

もっている人同様、

運用は

しやすい。


何ももっていないのに

トライしているんだ

それを、

自覚して、

まずは、

一歩ずつ、

自己資金を

増やした


一歩が、二歩、三歩に

なると、

自然と、歩幅は

広くなり、安定する。


そう、そこが

いいかも・・・

自由な時間がとれて、

視野が

広くなる。


写真 2018-05-25 10 57 40

すると

ゼロから初めても

1000万で小ぶり木造を

5000万円でRCが買えた。

10000万円で、

自社株価も

あがった。

・・・また、それを

下げることもできた。


たぶん

余裕をもって

その範囲で

経営することが

安定につながり

大事
だと

思う。



今後も、

空室がでようとも

物件の価値がさがっても

どうにか

対応できるだろう。






     ブログランキングに参加しています。応援お願いします

    
     ←これをポチッとクリックしてね     

   


       PVアクセスランキング にほんブログ村    
 ←これもポチッとクリックしてね




1人法人を

設立した時

まずは、

定款で目的、内容を

さだめた。

そして

事業計画をたてて

おこなってきた。


それらを、

見直すと

大家本来の事業の他、

出版と記載されいる。

絵本で、子供に

伝えたいことがあった。

しかし、

情けないが

まだ、それは手がけていない。

言い訳になるが

あのとき

その時間をとる自信もなかった。


そして

人生にも、

自信が無かったから、

早く無借金の会社を目指した。


作ったRCの会社では、

早期達成は

難しかったので

そのために

団信保険をかけた。

これで、

俺が死んでも

会社に、

1億円の保険金が入るので

物件は無借金になる。

家族を守れた。

やった~

ゴールはもう到達した。

・・・・かも

写真 2018-12-19 17 12 15


だが、しかし、・・・


よく考えたら


その事業年度は、

その分、

利益がでるので

会社には

お金がないのに、

税金を

4200万円支払わないと

いけないようだ。

ベストではない。


そこで、次のゴールを

新たに設けた


他に

会社を3つ作って、

保険に頼らずに

自分の力で

無借金へと

頑張ってみた。

そして

1つは無借金に、

もう一つは

めどがついている。

新たなゴールは

2年後・・・かも


ゴールの場所は

かわるものだ。


誰しも、

スタートをきって

始める。


人生は

転んだり

いろいろあるが

その

ゴールは

近くにもできるし

確実な場所にも

変えられた。


だから

大家業は面白い。






     ブログランキングに参加しています。応援お願いします

    
     ←これをポチッとクリックしてね     

   


       PVアクセスランキング にほんブログ村    
 ←これもポチッとクリックしてね

借金を減らそう

せっかく会社を設立して

やっているのだがら

その作戦の

一つとして

会社で購入した

利回りの低い小さなアパートの

土地部分を

個人である自分に売却した。



2014-11-19 14.16.03

登記は、法務局で聞いて

自分でやれば

登記料は、タダだ。



前のことなので

何かわすれたけど、

税金も調べて

税務署に届出書を提出している。


そして、

契約書を作って

個人から、

会社へ

貸し出して、

適正額として

毎月、賃料35,000円もらっている。


また、

利回りは低いアパートだけど

この土地は

広いので

お隣さんに、駐車場として

毎月12,000円で貸してる。


そんなこんなで、役員報酬を

その分減らしても

生活することが

できたので

お得かも・・・


よくわからないけれど

ひとつの

面白い方法だと思います。


だからか、

今、この物件は

無借金です。






     ブログランキングに参加しています。応援お願いします

    
     ←これをポチッとクリックしてね     

   


       PVアクセスランキング にほんブログ村    
 ←これもポチッとクリックしてね

先日、

新規購入をしてから

保有している

土地を

調べて見たら

1000坪を

超えていた。


安いけれど

その

良い点は、

各地に分散していることだ

リスクが減る。

タイミングを

みて売りやすい

事実、

タイミングを

見て売ってきた。。。

だから、大丈夫


それまでは、

複数の法人で

対応すれば

楽しくやり繰りできた

きっと今後も・・・




はじめは、

所有土地は、都内

1区画の更地でスタートしだが


40坪、坪単価250万円もあったが

毎月の収入16万円

そして

融資が付かない

他人の抵当権がついていた土地から

スタートでは

価値がない。。

土地は

高ければいいのではなかった。


これでは、運用するにあたって

全く意味が無かった。

Image492




今、こう思う


土地は、活用してこそ

意味がある。

それは、

1坪あたりの金額で

それに対して

どれだけ収益が上げられるかと

いうのが

本当の

土地の価値のような気がする。


最後は、売ったら

いくらになるかが

現在の資産価値

なのだが・・・


そこが、不動産投資として

考えてみると、

ギャップというのか

歪みというのか

あって、面白くも

今は感じている。


私は、変人なのか??


将来の

老後の生活設計を考えると

尚更そう思ってしまう。


今、老後の資金として

2000万円の預金や更地の土地の資産より


ずっと毎月20万円確実に生み出せる

例えばその土地が100円でもいいと思うのだ。


極論はそれを生み出せる知識や実行力があれば、

尚更いい。


その方が

俺には価値があると思う。










     ブログランキングに参加しています。応援お願いします

    
     ←これをポチッとクリックしてね     

   


       PVアクセスランキング にほんブログ村    
 ←これもポチッとクリックしてね

このページのトップヘ