新参者が

新たに

大家業をやる場合、

仕入れるその場所は

その場所が

流行る前が

いい

タイミングではないか


それは

将来の相場より

安いからである


そう思えてしょうがない・・


俺が経験した

例にすると、

世田谷、宮古島・・・

ここ60年、

実際

価値が急激に上がったのを

見てきた。


何時仕入れるか

それは、

みんなが、

見向きもしない時である。


自分が、または両親が

この場所が

安いのに

住みやすいと判断し、

250BDDEF-FB2C-4E1A-815F-A671BC40C152


そんな時期に

仕入れた人は、成功している。


間違いない・・・


街が発展して

みんなが、住みやすくなり

値段が高くなってから

その土地を融資で

購入するのは、得策ではない。


成功するか、

しないか、どちらかになる。


一番の問題は、

土地から仕入れたら

その結果に

時間がかかることだ。

自分がいつまでも健康で、

長く仕事をできればいいが

子供にそのリスクを

背負わせるのは

ベストではない

・・・かも



それに、

それ以外の

仕入れた場所は

やはり

ここに

自分も

住みたいなって場所であり

かつ、

縁があって

安く購入できたので

大家業をコツコツやっている。


そこが

流行らなくてもいいのである。


住みやすい住まいを

提供していくのが

大家の仕事だった。・・・



将来いいと思える場所を

購入するのも

面白い🤣


先を読む力を

身につけていくのも

楽しいからだ。

 

結局、自分を含めて

大家業を続けている仲間を

見ていると

1億円の借金を

抱えてやっていることよりも、

1000万円の借金で

同じ収益を

毎月生み出せている方が

気楽なんだと思います。









     ブログランキングに参加しています。応援お願いします

    
     ←これをポチッとクリックしてね     

   


       PVアクセスランキング にほんブログ村    
 ←これもポチッとクリックしてね