いい借金をしよう。

サラリーマン時代

金融機関に勤めていたので

運用利回りだけで

食べていた。

これは、貸し手側になる。


実に楽だった。

預かったお金で、

ほぼ国債を買って

その利息の

一部を支払う。

なんて楽な商売

だったのだろう。


写真 2018-09-30 15 43 10


その後。

借り手側になって

生活してみよう。

そう考えて

ゼロから初めて

不動産投資も

同じだった。





融資を受けて、

その支払い利息を

上回る

収益物件を

買えばいい、

それだけで

いい借金になる。


それだけだった。


だが、

最初の計画が

甘く最初の10年しか

利益がでない場合が多い。

すると、

いい借金が

悪い借金にかわってしまう。


こんなのいらない。


だから、

発想を変えよう・・・

あの手この手で

10年で払っちゃえばいいのである。

例えば、

会社の規模を

払える規模にしてしまえばいい。










     ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

    
     ←これをポチッとクリックしてね     

     
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね