レバレッジとは、

検索すると

経済活動において、

他人資本を使うことで

自己資本に対する

利益率を高めること。


何度も使って

成功を

続ければ

どんどん利益率は

高くなっていく、

そういうシステムである。



だが

失敗すれば、

今までも利益率が

高くなった分の

損もするおそれがある。


その経済活動の中で

たまたま

少し利益率を

上げれた。


だからこそ

言えると思うのだが・・・

それで

良かったことは

多少のお金が稼げた。

それと

仕事をしながら

自由な時間が

もてたことであった。




仕事をしながら

自由な時間を、

いかに

作れるたかが、

その時も、今も

やってみたら

大事だった。

42


そして、その恩恵は

家族生活にもたらした。

家族が一番大事



その家族が

例えば病気や介護が

必要になった時

俺は自由な時間が持てなかったとき

十分な対応ができなかった。

その過去を

今も後悔している



その経験から

自由な時間を持てた時

十分な対応ができた時は

悔いはなかった。



今、自由な時間で

学んだり

遊んではいるが

困ったとき時、

ギヤを上げられたことが

一番良かった。



今迄

レバレッジで

利益率を上げれたのは

あくまで

たまたまである。


情けないが

それは

失敗を恐れて

失敗しない投資法を

選択したからであった。









      ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

    
     ←これをポチッとクリックしてね     

     
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね