子供のころは、

アパートに住んでいた。

風呂なし、共同トイレ・・


でも、みんなが親切にしてくれた。


その時

大家さんの人柄、

住んでいる人の優しさを

記憶として覚えている。

写真 2017-12-26 12 46 08

貧乏だったけど

家族のように

優しくされたことが、

何よりだ。

貧乏だった苦しさ、

そんな記憶はない。



だから、

時代はかわって

生活スタイルは

かわったが、

人の心は同じだ・・



お客さんが

長く住むためには

何が一番必要か

ありがたいか、

そして嫌なのか

生活環境だ・・・

それは

時代が変わっも

変わらないと思う。



なぜ、

今大家ができているか?

そんなこと考えると

子供の頃の記憶に

大家さんや周りの人に

優しくされて、

暖かく過ごせたからだ。



誰も死んでは

何ももっていけない

残った人に

伝えることはできる。

白い砂、青い空が教えてくれる。


今年も、いろいろことが

あると思うが

入居者目線で対処していこう。




        ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

    
     ←これをポチッとクリックしてね     

     
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね