俺は、


もう3年以上、


購入する目標のレベル・・


築10年利回り20%に


お目にかかっていない。






その時


購入を


一時ストップしたら


ベリーグッドだったとも
思う。





その時点で


目標の


長期保有できる


CF1000万円に届かなかったが


その現実を、


受け入れる べきだった。




経済の変化で自分ではどうしようもないことは


ある。そんな時は、巻かれるしかない。

29



たとえば、その時


長期保有できる


CF600万を確保しているなら、


それで目標の1000万に足りない


残りの400万は


無いと受け入れるべき・・・・







無理に造るCF 1000万


短期的であり、


長期でなかった。







それを


是正するために、


俺は世田谷の土地を売っている。



返済比率を変えたり、土地貸を入れている。



そして長期保有できるCF1000万円にした。





どちらも


今があるので


正解ではあるが・・・・






その経験から、


他人には、



短期的なCFが多いのは


危険
だと


言っている。




中期から長期の時点で


CFは崩れる場合が多い・・・


資産の組換えが難しい。


建物には限度がある。





だから、


長期ローンには危険がある。


途中、退職金や親からの援助を使って


助かっている場合が多いと思う。


それをわかってやってほしい・・・





        ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

          ←これをポチッとクリックしてね     

     にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね