離島の物件は購入を考えて動いている

 今までの、収益物件は購入にあたり、それに対する本があり

 それを読んで、購入してきた。


 離島には離島の買い方があるようだ。
 
 仲介業者及び売主が、境界を明らかにして売る気がなかった。
 
 境界を明らかにする必要性を話して、調査士に依頼した

49

06

03

 売主は、当初、支払うつもりがない。

 購入できる状態にするまでに、時間がかかる

 仲介業者いわく離島のルールだそうだ

 それに従うことも外大事だ


 空き店舗部分があると、それをを埋めるイメージが浮かばないと買えない

 知らない地域での、店舗部分の経営は、やりがいがあるが、リスクも多分にある

 最初の大家業には向かないと思う。


 また、離島の物件はその物件には担保がつかない。

 その点も、最初の大家業には向かない。個人の与信枠で融資をつける事になる

 私は、本島のRCで、担保余力があるのでそれを担保にすることで融資はつくが・・

 
 これらを、克服するためには、遠距離投資家では難しいと思う。

 現場に何度もいき、自分で、物件の掃除をして、塗装をし、現地で宿泊し、

 酒を飲み、仲間をつくる。

 そんな事が大事なようだ。それを、楽しいと思えるような人向きの投資だと思う。

 

 今回、利回り20%行きませんが、リタイヤして自由な大家としてのメリットとして

 購入しようと思う。

 ベンツかクラウンでも購入して、リッチな大家でもする予算を、自由な時間にあてようと

 思う。大体、スタッフからもその車じゃ、道具をつめねよ・・・その通りである。



   にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←ブログランキングしています
                 これをポチッとクリックしてね
   
にほんブログ村             
                    
応援お願いします

 
     よかったらこれもポチッとクリックしてね     
  
不動産投資 ブログランキングへ