大家で楽しく自由な生活をしています・小心者のポンコツ日記

お金がない時はキャシュフローを重視しよう・・築浅高利回りボロ物件の再生と綺麗に維持したら目標CFに到達・・。           ・・・・・ ポンコツの俺でもできたよ。大家業とは継続することだった。日々感じた事を日記にしています  

2015年06月

宮古島の管理会社さんから便りが届いていた。

03


憧れの将来の住まいもかねて去年購入した。


去年は7回もいった。


今年は、いつも、明日行こうと思いながら、物件の修理が忙しくていけない。


手紙が届くと、一瞬で宮古を思い出す。


「海が見えた、島のゆっくりと一日の生活を思い出した」


・・・・早く行きたい・・・

18


ここは、すてきな島の方たちがいる。


家族や仲間を大切にしている。

44


・・俺もそうなれるのか?


地元の方と共に生活をするのは、時間がかかる。


それは、生活のスタイルが違うからだ。



大家をすることでいろんなことを学んだ。


こんなことを仕事として学べるのは、利回りだけでが目的ではない。


沖縄に投資を考えて何年もたつが、いまだに高利回りに出会ったことがない。


利回りは他の場所で稼ぐのがいいと思う。


 
島への移住を考えた時、


そんなことを、自分を知ってからがいいと思う。





        ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

          ←これをポチッとクリックしてね     

     にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね

クレーム対応として張り紙を貼ったらいいんじゃないって


思っても実行に移さない。


文書に自信がない・・そんな時は管理会社さんは有りがたい。


一瞬で張り紙を貼ってくれた。


そのお蔭で、スムーズに進んでいる。


思うとの実行に移せるのでは大違いなのだ。


41


誤字脱字がある、内容が大丈夫かと思い、やらないのはマイナスである。



すぐ、バイクの方がわかり、仲良くなった。


騒音の苦情がピタット止まったのだ。


仕事として責任感をもって仕事している管理の方の実行力はすごい。


有りがたい。


でも、クレームがくる前にいち早く察知できるのは所有者なのである。


本来はその前に気がつくべきであった。


そんな両者のバランスが大事である。


         ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

          ←これをポチッとクリックしてね     

     にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね


一日出かけられない用事があった。


でも、楽しいクレームがきたので良かった。


まずは、いい方から・・・


同居の方の駐車場を借りてくれた。


お礼をいってくれる。


いつも会うと笑顔で挨拶をかわす、いい関係である。


「洗濯機の所の蛇口から水が漏れてます」って連絡


適切に処理をして終了・・・・



次は、彼氏の駐車場を借りた綺麗な女性。


挨拶もしない。彼氏は目をそらす。


いろいろ事情があるのだろう・・・



「昨日お金入れたのに、今日は違う人がとめているんですけど・・・」


今まで借りるっていっておきながら、お金を入れないでとぼけていた。


お礼もいわない。


「困るんですけど」って、こんな時は汚い低い声で話してくる。




昨日までお客さん駐車場を、この彼氏がいつも占有していた。


あんたのせいで、他の人からクレームがきて


月極め駐車場にしてあげたのに・・・・


39


でも、お客様です。



予想の範囲、こんなの経験している。



取りあえず、〇・・・番の所に止めてくださいって丁寧にいう。


そんな感じ・・


でも、こんな時、今回もすぐ防犯カメラで見るとちゃっかり


月極め駐車に止めていてクレームの電話してくるのである。


多分一時的に止めた人がいるのだろう・・・


結局、ストレス解消なのだ。


これは、人なりである。



         ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

          ←これをポチッとクリックしてね     

     にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね

(追加)


 この人は、一年前、キッチンの下の電気がつかないと大騒ぎしている。


 地元の電気屋さんに急行して部品をいれたのだが、


 いざ取り付けになるとこちらから電話するといって電気屋さんに電話していない。


 そうなると、大家として電気屋さんとの関係が悪くなる。


 今回そのことを言うと、6回電話したと言われた。


 別に困らないからいいと思ったと言われた。


 だったら、騒いで言うなという感じ・・電気屋さんに申し訳ない。


 電気屋さんは、こんな部品在庫として抱えたくない。



お金がない頃は相続税なんて関係ない。



しかし、お金はなくても、アパートを購入することで一瞬で


対象者になった。


例えば、5000万の資産を一棟でも購入したら、借入で相殺できる予定でも


団信の保険のお蔭で借金は無くなる。



死亡時は、相続税が発生する。



結局は、資産家の仲間入りするのだから相続税が発生する。



まあ、いいや若いしと思っても、そんなことで家族が不幸になる事が多々ある。



そう考えてみると、いつブレーキをかけるかがポイントだと思う。


そう思うと、いつでもブレーキが掛けれる体制を作ることだと思う。



意外にそうしないで、投資している人が多いのである。




       ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

          ←これをポチッとクリックしてね     

     にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね



残された家族は、アパート経営及び相続には詳しくないので


対応できない。


そんな方から購入したから、そう思う。

この低利回りのアパート購入に不安を感じて


安定性を求めて、去年は土地貸にシフトしてきた。





楽しくはない、全く・・・


看板、駐車場の現場にいって何をするのか?


草刈、ゴミ拾い・・・

18

貸した後は全くすることがない。


ポンコツなので、このままでは、油でもささないと止まってしまう。




そこでエクセルシートを作って将来の展望を考える。


そうして考えると、更地は、それのみだと評価が高い、法人の所有にする。


赤字にして株式の評価を下げないといけない。


土地貸ってやってみたら、そんな感じである。




今はアパートの修理が忙しくて丁度いい。


そのバランスを考えながら、やっていくスタイルがいいようだ。



       ブログランキングに参加しています。よかったら応援お願いします

          ←これをポチッとクリックしてね     

     にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←これもポチッとクリックしてね






このページのトップヘ