俺のような下々の者が、投資で成功するには、

 返済比率は低い設定がいい。

 毎月、お金を預金できる。


 例えば、家賃100収入万円、借り入れ支払い30万

 何だかんだで、30万円預金できる。最低限レベルである。

 そうしないと危険リスクは上がる。パンクする


 資金に余裕ができたら、増やす。

18

 今、家賃収入は300万になった。返済は100万以下にしている。

 そして、パンク寸前の物件を安く購入できたら、購入する。


 ただ、安く購入できるパンク寸前の物件はなかなかない・・・


 例えば、三軒茶屋徒歩5分。売りにでた。

 謄本をとる。投資家が、土地ごと仕入れていた。最初の家賃収入50万円

 返済40万円であった。融資・・年

 今、家賃を下げて、さらに本業から持ち出ししている様子。

 パンク寸前である、建物が汚い、空室がある。

 近くの不動産屋ヒヤリングすると、なかなか家賃下げないし、汚いので・・


 例えば、苫小牧、売りにでた。謄本をとる。土地持ちの方である。

 融資・・年。法人購入。

 汚い、とても汚い。空室。不動産屋さんはいう。汚いし、広告2か月

 くれないから・・・

 
 でも、高く売れたようである。残債を返済したようだ、

 購入できなかったが、よかった。そんな事が続いている。



 全て、返済比率が高いと思う。

 どちらも自己資金を・・・・円いれないからだ。


 どこの地域で購入しても、余裕がある計画がいい。

 身の丈にあわせた投資をする事。それが大事・・



      にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ   ←ブログランキングしています
                 これをポチッとクリックしてね
   
にほんブログ村             
                    応援お願いします

 
     ←これもポチッとクリックしてね     
  
不動産投資 ブログランキングへ